顎関節症なら文京区の整体院で

顎を開ける時や閉じる時に音がする

顎関節症とは、顎に痛みがある、顎をスムーズに開けたり閉じたりできない、顎を開ける時や閉じる時に音がする、噛むと顎が痛い、顎全体が重いといった症状があることを言います。また、このような顎関節症がある場合、肩こりや首のこり、目の痛み、首の痛み、めまい、頭痛、耳鳴り、吐き気などといった症状も引き起こされる場合が多いです。顎関節症というのは、自律神経失調症やうつ病とも関連があると言われており、顎関節の歪みがその原因となっています。顎に関係する筋肉が捻れているという場合や、顎関節が左右でずれているという場合、顎の骨が変形していたり曲がっていたりする場合に顎の関節が歪むということですが、文京区にある整体院で治療を受けることもできます。

通常の顎関節症は一つの原因で起こることは少なく

ちなみに、通常の顎関節症は一つの原因で起こることは少なく、複数の原因が関係してくるということです。後楽園整体では治療の前にカウンセリングを行うというやり方です。 顎が開けにくいことや閉じにくいなどはあるか、開ける時や閉じる時に痛みはあるか、顎を空ける時や閉める時に音が鳴るかなどを確認するのですが、次に顎の検査をして専門の治療を受けるという流れです。顎は筋肉で支えられているので緊張が出やすい場所となっており、顎関節症専門の整体の前に全身の歪みを取り除くことになります。特に首や肩、背骨、骨盤のゆがみは顎関節と連動しているということなのですが、顎関節症で悩んでいる人は自律神経も乱れていることが多いため、自律神経を整える整体も同時に行っていきます。